栗無垢材のオーダーメイドソファ

 

今回はオーダーメイドのソファを制作させていただきました。

オーナー様とご要望やデザインを打ち合わせさせていただき、最終的には下の図面のようなソファを制作することに。

 

ソファ図面

 

オーナーさんのこだわりの詰まったソファが出来上がりそうですね。

まず、間違いなく既製品では流通してなさそうなデザインで、この世でただ一つオーナー様だけのためのソファです。

このこだわりこそオーダーメイドの醍醐味ではないでしょうか。

 

今回メインで使用する木材は、国産の「栗」材となりました。

産地は私の故郷である島根県です。

 

島根の山々

 

こんなところです。

山しか見えませんねw

 

こんな景色の中で育った栗材を製材して大阪の工房に届けてもらっています。

製材したものがこちら。

 

製材

f557187008

 

栗材独特の木目と色をしています。

栗材は虫(キクイムシ)がつきやすいので、工房に届いた後は入念に虫がかじったところがないかチェックします。

 

それでは早速、木材を加工してソファのフレームを作っていきます。

 

img_4339

 

ホゾ組み加工でフレームを組み上げ接着剤を充填し圧着しています。

接着が固まった後にホゾ組みに竹釘を打ち込み固定しフレームは完了です。

 

次に座面を設置することとフレームの強度を作るために構造を作っていきます。

 

構造

 

これで構造部も完了。

フレームも角を面取りし丸みをもたせています。

 

次は座面と側面、背面のクッションを作っていきます。

 

f687422656

 

座面の構造部をお見せしたかったのですが、ちょうど良い写真がなかったので他の座面を作った時の写真を。

 

座面構造

 

Sバネと言われる鉄のバネとウェーディングテープというゴムバンドで強度を作っています。

 

この上にクロスを貼りウレタンを乗せオーナー様に選んでいただいた布地を張り込めば座面が出来上がりです。

 

そして座面とクッションをフレームにはめ込み完成。

 

ソファ

ソファうしろ

ソファ後ろ2

ソファ脚

 

こうやって工房で出来上がった家具を眺めるのは至福の時でもあります。

 

あそこ大変やったなぁ〜

も少しこーできたなぁ

ん?ここ気になるからも少しやろ。。。

 

納品のため送り出すまではこんな感じでブツブツしてしまいますw

 

そしていよいよオーナー様宅へ。

 

無事到着したとお写真付きでご連絡をいただきました。

オーナー様ご家族も気に入っていただけたご様子でしたので、ほっと一安心致しました。

 

今回はちょっと長くなってしまいました。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

オーダーメイドをご検討中でございましたら、是非一度お気軽にお問い合わせ下さいませ。