椅子の座面を修理・布地を張替え

 

今回は長年お使いになられたダイニングチェアの座面の修理です。

布地も破けてしまっているので新しいものに張替えを施します。

 

張替え前の座面

 

破けたところから中のウレタンがえぐれているのが見えます。

裏貼りを剥がしてみるとウェービンブテーブ(家具用によく使われるゴムと糸を編み込んだバンド)も、長年頑張ったため伸びてしまっています。

どちらも新しいものに変え、木枠のみ再利用して修理していきたいと思います。

 

まずは木枠のみの状態にするべく全て引っ剥がします。

 

img_0530

img_0533

 

体の重みを面で受けるためのクロス(写真で茶色いボロボロのやつ)も新しいものに変えます。

 

img_0543

 

木枠に布地やバンドなどをくっつけるのはタッカーを使います。

そのタッカーの芯を丁寧に抜いていきます。

 

そして木枠だけにしました。

 

img_0544

 

次に新しいパーツを取り付けていきます。

 

新しいウェービングテープを貼る。

 

img_0549

 

新しいクロスを貼る。

 

img_0554

 

そして新しい布地を貼りこむ。

 

img_0561

 

裏貼りをする。

 

img_0564

 

そして完成!

 

座面布地張込み

 

これで新しい座面に生まれ変わりました。

 

ダイニングチェアの座面は比較的経年の劣化が早く出てくるところです。

今回修理させていただいたものの様に座面がガポっと外せるものは、布地の張替えなどの補修が比較的しやすいので、破けてしまったものを我慢してお使いになられるより今回の様に一新して気持ちよくお使いになられたらいかがでしょうか。

 

座面修理でお困りでございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。

Tagged on: , , , ,